NMNの研究結果

バラすでにNMNに関して様々な研究が行われており、いくつかの結果も発表されてきました。まだ動物実験の段階ながら、すでに糖尿病などの治療において目覚しい効果を報告されているそうです。その他にもサーチュイン遺伝子に関連した機能が期待されています。

サーチュイン遺伝子とは生物がもつ遺伝子の一つです。活性化するとその生物の体内でエネルギーの生成に関わるミトコンドリアを増殖させ、同時に古くなって劣化した組織を取り除かせる、いわゆるオートファジーを引き起こす働きを持っています。この魅力的な特長からサーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子などと称される事もあります。NMNは、このサーチュイン遺伝子を活性化する働きをもっているという仮説が立てられてきました。

NMNを経口で投与する動物実験の結果、数多くのポジティブな効果がみられたそうです。例えば衰えた体格が元に戻ったり、骨密度が増えたり、食欲が増加しつつも代謝が増加して減量効果が確認できたりなどの効果があったようです。視力の回復や免疫力の向上も報告されていました。つまり生物が老化する事によって生じる様々な変化の多くが抑制された事になります。もしこれらの効果が人間が対象でも発生するとすれば、非常に効果的な抗老化物質であると言えるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket